座談会御書e講義(スマホ版)

2017年4月度「立正安国論」

「御文拝読」の音声 36秒

「講義」の音声 12分59秒
講師:清水副教学部長

御文

立正安国論 御文

通解

あなたは早速ささやかな信仰の心を改めて、速やかに、本当に成仏へ至らせる教えである唯一の善い方法に帰依しなさい。そうすれば三界は皆、仏国である。仏国であるなら、どうして衰微することがあるだろうか。十方の国土は、ことごとく宝土である。宝土であるなら、どうして破壊されることがあるだろうか。こうして国土が衰微することなく破壊されることもなければ、身は安全であり、心は動揺せず安定しているだろう。

語句

三界(さんがい)

欲界・色界・無色界のことで、衆生が生死流転する現実世界をさす。

参考

◎御書の世界 第1巻 立正安国(上)
学会は、個人次元の立正のために、正しい信仰の確立を目指している。社会次元での立正のために、人間尊厳・民衆根本の精神を広げている。その思想を基調として、現実社会で、すなわち王法の次元で、文化・平和・教育の運動を、大いに展開している。
(『御書の世界』第1巻137ページ)

◎人間革命 第1巻 はじめに
一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする
(『人間革命』第1巻8ページ)

◎勝利の経典「御書」に学ぶ 立正安国論
創価学会は、「立正安国の旗」を掲げて、どこまでも、民衆の幸福と世界の平和のために、現実社会の変革に挑戦しゆく使命を貫きます。
(『勝利の経典「御書」に学ぶ 22』114ページ)

人々の幸福と安穏を願えば、現実社会の変革へ、目を向けざるを得ません。この娑婆世界を即、寂光土へ変革していく。これが、大聖人の「立正安国」の本質です。
(『勝利の経典「御書」に学ぶ 22』116ページ)

私たちの対話が、社会を変え、世界を結び、未来を創ります。
私たちの対話には、希望があります。
生命の可能性を開く蘇生の力があります。
勝利と勇気と確信があります。
「人間を信ずる力」によって民衆の時代を築くのが、私たちの「立正安国」の対話なのです。
(『勝利の経典「御書」に学ぶ 22』145ページ)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※「講義」の音声は、PCサイト版の「背景」「解説」「ポイント」を合わせた内容です。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。

※Androidのバージョンが2.2以前の機種をご利用の方は、PCサイトをご覧ください。

公式YouTubeチャンネル

教学入門

創価学会総本部

SOKAnet公式ブログ Creatio

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

学会歌スマホサイト

平和・文化運動

自然との対話写真展

創価学会のお葬式 友人葬

画像 東北「心の福光プロジェクト」

画像 熊本地震への対応について

SOKAnet 公式Facebookページ

墓地・納骨堂ご案内

聖教新聞社の公式サイト