座談会御書e講義(スマホ版)

2017年3月度「経王殿御返事」

「御文拝読」の音声 43秒

「講義」の音声 12分57秒
講師:加倉井副教学部長

御文

経王殿御返事 御文

通解

ただし(御本尊に偉大な功力があるといっても、それを現すのは)御信心によるのである。剣なども、進もうとしない人のためには役に立たない。法華経(御本尊)という剣は、勇敢な信心の人であってこそ役立てることができるのである。まさに鬼に金棒である。(この御本尊は)日蓮の魂を、墨に染め流して書いたのである。信じていきなさい。釈尊の御意は法華経である。日蓮の魂は、南無妙法蓮華経のほかにはないのである。

語句

けなげ(勇)

勇ましく勇敢であること。心掛けが、しっかりしていること。

参考

◎経王殿御返事
「此の曼荼羅能く能く信ぜさせ給うべし、南無妙法蓮華経は師子吼の如し・いかなる病さはりをなすべきや」
(御書1124ページ)

◎第25回本部幹部会(1998年)での池田先生のスピーチ
(戸田先生のご指導)「慈悲といっても、表は『勇気』である。勇気をもって行動してこそ慈悲となる。慈悲と勇気は表裏一体である」と。
(『池田大作全集』第89巻259ページ)

◎教行証御書
「日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず」
(御書1282ページ)

◎四条金吾殿御返事
「あへて臆病にては叶うべからず候」
(御書1193ページ)

◎「随筆 人間革命」序にかえて
勇気はいつの場合でも決意を生み、その決意の極まるところに、必死の祈りが生まれるはずです。
(『池田大作全集』第22巻18ページ)

◎日女御前御返事
「此の御本尊も只信心の二字にをさまれり」
(御書1244ページ)

「法華弘通のはたじるし」
(御書1243ページ)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※「講義」の音声は、PCサイト版の「背景」「解説」「ポイント」を合わせた内容です。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。

※Androidのバージョンが2.2以前の機種をご利用の方は、PCサイトをご覧ください。

SOKAチャンネル:ネットでVOD

公式YouTubeチャンネル

教学入門

創価学会総本部

SOKAnet公式ブログ Creatio

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

学会歌スマホサイト

平和・文化運動

自然との対話写真展

創価学会のお葬式 友人葬

画像 東北「心の福光プロジェクト」

画像 熊本地震への対応について

SOKAnet 公式Facebookページ

世界青年部総会オリジナルソング This is My Name

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト