座談会御書e講義(スマホ版)

2018年5月度「椎地四郎殿御書」

「御文拝読」の音声 34秒

「講義」の音声 14分06秒
講師:原田副教学部長

御文

椎地四郎殿御書 御文

通解

末法には法華経の行者が必ず出現する。ただし、大難が起こったならば、強盛の信心で、いよいよ喜んでいくのである。火に薪を加えれば、燃え盛らないことがあるだろうか。大海には、多くの河が流れ込む。しかし、大海は河の水を返すことがあるだろうか。

参考

◎兵衛志殿御返事
「必ず三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退く」
(御書1091ページ)

◎勝利の経典「御書」に学ぶ 椎地四郎殿御書
いかなる大難にも真正面から立ち向かい、勝利し、悠然と乗り越えていくのが、法華経の信心です。御書には「悦び身に余りたる」(1343ページ)、「大に悦ばし」(237ページ)、「いよいよ悦びをますべし」(203ページ)と、「大難」即「歓喜」の仰せが随所に示されています。
どんなに大難があっても、正法弘通に生き抜き、目の前の一人の苦悩を取り除き、幸福の種を心田に植えていく悦びに勝るものはない。この最高にして最強、そして最尊の人生を促す力が、法華経に具わっています。法華経に生き切ること自体が、最高の幸福なのです。
(『勝利の経典「御書」に学ぶ 11』96ページ)

◎御書と師弟
わが創価の友は、大仏法の尊い実践者である。広宣流布の真正の闘士である。ゆえに、現実社会で絶対に勝たねばならない。また、絶対に勝ち抜いていける大法則を持った皆様方なのです。(中略)
仏法は「即社会」です。「即職場」「即地域」であり、「即家庭」となるのです。「即」とは、信心の一念です。学会という和合僧の中で、使命の役職を担い、広宣流布に戦えば、「即」という変革の原理が躍動します。
人生は、さまざまな困難の連続である。しかし、信心の上では決して負けない。一歩も退かない。この一念が、「即」人生の勝利、社会での勝利を開くのです。
(『御書と師弟 3』90ページ)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※「講義」の音声は、PCサイト版の「背景」「解説」「ポイント」を合わせた内容です。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。

※Androidのバージョンが2.2以前の機種をご利用の方は、PCサイトをご覧ください。

SOKAチャンネル:ネットでVOD

公式YouTubeチャンネル

教学入門

創価学会総本部

SOKAnet公式ブログ Creatio

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

学会歌スマホサイト

平和・文化運動

自然との対話写真展

創価学会のお葬式 友人葬

画像 東北「心の福光プロジェクト」

画像 熊本地震への対応について

SOKAnet 公式Facebookページ

世界青年部総会オリジナルソング This is My Name

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト