座談会御書e講義(スマホ版)

2018年10月度「日女御前御返事」

「御文拝読」の音声 25秒

「講義」の音声 16分20秒
講師:長岡副教学部長

御文

日女御前御返事 御文

通解

南無妙法蓮華経とだけ唱えて、成仏することが最も大切である。ひとえに信心の厚薄によるのである。仏法の根本は、信をもって源とする。

参考

◎経王殿御返事
「南無妙法蓮華経は師子吼の如し」

「但し御信心によるべし、つるぎなんども・すすまざる人のためには用る事なし、法華経の剣は信心のけなげなる人こそ用る事なれ鬼に・かなぼうたるべし」
(御書1124ページ)

◎御書とともに 名誉会長が指針を贈る
「正しい信心こそ、勝利の根本である。妙法を唱え抜く人が一番尊く、一番強い。強盛に『信力』『行力』を奮い起こせば、無量無辺の『仏力』『法力』を、わが生命にあらわすことができる。どんな時も、まず題目だ。題目こそ、いかなる苦悩にも負けず、一切を打開していける究極の原動力なのである」
(聖教新聞2012年5月18日付)

◎勝利の経典『御書』に学ぶ 日女御前御返事
「『創価学会には信心がある!』
それは、わが師・戸田城聖先生の烈々たる師子吼でした。聞く者すべてが電撃に打たれ、目の覚めるような大宣言でありました」
(『勝利の経典「御書」に学ぶ 11』6ページ)

◎勝利の経典『御書』に学ぶ 日女御前御返事
「創価学会は『信心の二字』を根本としてきたからこそ、隆々と大発展してきたのです。
『信心』こそ、一切の勝利の源です。
信心は、私たちの自行化他の実践の根幹です。また、人間革命、宿命転換の源泉であり、魔を破る利剣であり、立正安国・広宣流布の推進力です。これは、いかなる時代になっても変わりません。いな、変わってはならない。絶対に失ってはならない創価学会の根本精神です」
(『勝利の経典「御書」に学ぶ 11』7ページ)

◎法華経の智慧 上
「法華経が『信』を強調する理由を、生命の次元で言えば、法華経の目的は生命の根本的な無知、すなわち『元品の無明』を断ち、『元品の法性』すなわち“本来の自己自身を知る智慧”に目覚めることにある」
(『法華経の智慧 上』299ページ)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※「講義」の音声は、PCサイト版の「背景」「解説」「ポイント」を合わせた内容です。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。

※Androidのバージョンが2.2以前の機種をご利用の方は、PCサイトをご覧ください。

SOKAチャンネル:ネットでVOD

公式YouTubeチャンネル

教学入門

創価学会総本部

SOKAnet公式ブログ Creatio

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

学会歌スマホサイト

平和・文化運動

自然との対話写真展

創価学会のお葬式 友人葬

画像 東北「心の福光プロジェクト」

画像 熊本地震への対応について

SOKAnet 公式Facebookページ

世界青年部総会オリジナルソング This is My Name

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト