創価学会について

教義・理念

創価学会が目指すもの

創価学会は、日蓮大聖人(1222~1282)の仏法を信奉する団体です。
「創価」とは価値創造を意味します。その価値の中心である「生命の尊厳」の確立に基づく「万人の幸福」と「世界平和の実現」が、創価学会の根本的な目標です。
また、仏法の実践を通して各人が人間革命を成就し、真の幸福境涯を確立するとともに、生命の尊厳を説く仏法哲理を基調として、豊かな文化、人間性あふれる教育の創造を推進し、人類社会の向上に貢献することを目的としています。
こうした考えは、池田先生の小説『人間革命』『新・人間革命』の主題として端的に表現されています。   
「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」と。
1930年の創立以来、日本には827万世帯、海外でも192カ国・地域の会員が日蓮大聖人の仏法を実践し、各国の繁栄と世界の平和を願い、活動しています。

釈尊からの系譜

仏教の創始者である釈尊は、生老病死という根源的な苦悩からどうすれば人々を救えるのか、解決の道を探求しました。そして、自身の胸中に具わり、宇宙と生命を貫く根本の法に目覚めます。その悟りを開いてから生涯を終えるまで、釈尊は種々の教えを説きました。
それらは釈尊滅後、弟子たちによってまとめられ、多くの経典が編纂されました。そして、西暦紀元前後には、大乗仏教運動が起こり、新たな経典が編纂される中で「法華経」が成立します。
法華経は、釈尊の智慧と慈悲の精神を昇華させた経典であり、あらゆる人々の生命に仏の境涯が具わり、誰人も開き現すことができるという「万人成仏」の思想を説いています。「成仏」とは、宇宙の根源の法と一体になり、智慧と慈悲にあふれた仏の生命を自分自身に現すことです。
インドでは、竜樹(150~250頃)らが大乗仏教の思想を発展させました。法華経は、中国では鳩摩羅什(344~413、または350~409)らにより漢語に翻訳され、天台大師智顗(ぎ)(538~597)によって最上の経典と位置づけられました。また、日本においても、伝教大師最澄(767~822)が、日本天台宗を立てて法華経を宣揚しました。
そして、鎌倉時代の日蓮大聖人は、民衆の救済、社会の安穏と繁栄のために、法華経から肝要となる教えを導き、「南無妙法蓮華経」の題目と本尊を顕しました。

日蓮大聖人

日蓮大聖人は鎌倉時代の1222年、安房国(現在の千葉県)に生まれました。12歳から安房の清澄寺に入り、16歳で出家します。鎌倉・京都・奈良などの各地で諸経典を学んだ後、32歳で故郷に帰りました。

日蓮大聖人は、当時の諸宗が用いた仏教の教えが、万人成仏を説く法華経を否定し、人々の無明(生命の根本的な迷い)を増幅させていると捉えました。そして、人々が無明を乗り越え、幸福で安穏な社会を建設できる根本の法こそ「南無妙法蓮華経」であると説きました。これにより迫害を受け、故郷を追われた日蓮大聖人は、鎌倉に移り本格的に布教を開始しました。

当時は、大地震などの天変地異が相次ぎ、飢饉・疫病などが続発していました。日蓮大聖人は1260年に「立正安国論」を著し、当時の実質的な最高権力者であった北条時頼に提出。同書の中で、正法である法華経を否定する状況が続くならば、経文に説かれる「内乱」と「他国からの侵略」が起こると予言し、警告しました。

しかし、その諫言は聞き入れられず、かえって権力者や仏教界の反発を招きました。度重なる襲撃や伊豆への流罪に加え、1271年には、斬首の企て(竜の口の法難)や佐渡への流罪と、生命の危険にも及ぶ政治的弾圧が続きました。

法華経は、釈尊滅後の悪世における「法華経の行者」には、釈尊が遭遇した以上の法難が加えられると説きます。この法華経の予言を身をもって示した日蓮大聖人は、佐渡への流罪以降、自身が法華経の教説を体現し、弘める真実の法華経の行者であると宣言しました。

「立正安国論」で示した警告は、1272年に北条家の内乱(二月騒動)として的中。さらに他国からの侵略も、後に、文永の役、弘安の役として現実のものとなりました。

1274年、鎌倉へ帰還した日蓮大聖人は、権力者を重ねて強く諌めました。しかし鎌倉幕府は用いず、日蓮大聖人は身延山(山梨県)に入り、弟子・門下の育成に努めました。

1279年、富士の熱原(現在の静岡県)で起きた弾圧に対し、農民信徒たちは殉教を恐れず信仰を貫きました(熱原の法難)。無名の庶民が命がけで大難に立ち向かったことは、日蓮大聖人の生涯の目的(出世の本懐)である民衆仏法の確立が現実のものとなったといえます。

1282年、61歳の時、療養のため身延を出発し、武蔵国池上(現在の東京都大田区)にある門下の屋敷に滞在。そこで生涯を閉じました。

日蓮大聖人が逝去した後、弟子の日興上人(1246~1333)がその精神と行動を受け継ぎました。日興上人は、為政者への諫言を続けるとともに、日蓮大聖人が著したすべての著述を「御書」と呼んで尊重し、研鑽を奨励。多くの優れた弟子を輩出しました。

度重なる弾圧という最悪の状況下にあっても、日蓮大聖人は揺るぎない金剛不壊の生命境涯を顕現しました。言い換えれば、人間自身の内面にある生命本来の偉大さを体現することによって、万人成仏の道を開いたのです。ゆえに創価学会では、日蓮大聖人を「末法の御本仏」として尊崇しています。

南無妙法蓮華経

「南無妙法蓮華経」とは、日蓮大聖人が覚知し、自身に体現した、宇宙と生命を貫く永遠普遍の根本の法です。そして、本来、万人の生命に具わる普遍の法でもあります。
日蓮仏法の実践は、この「南無妙法蓮華経」の題目を御本尊に唱え、祈ることが根本です。これにより、誰人も自身の内なる仏の生命を開き現し、生命が浄化され、苦難を乗り越える力強い生命力を引き出すことができます。
「南無妙法蓮華経」の「南無」とは、古代インドの言葉・サンスクリット語(梵語)の「ナマス」(namas)あるいは「ナモー」(namo)の音写で、「帰依」「帰命」を意味し、この法を自身の根本として生き、自らに体現していくことを示しています。
「妙法蓮華経」とは、もとは法華経の正式名称ですが、経典の題名の意味にとどまらず、法華経の肝要ともいうべき法の名でもあります。
「妙法」とは、この根本の法が理解し難い不可思議な法であることを意味しています。そして、その妙法の特質を、植物の蓮華(ハス)に譬えています。蓮華は泥沼の中から清らかな花を咲かせ、つぼみの段階から花と実が同時に生長します。すべての人が苦悩渦巻く現実の中で、揺るぎない幸福境涯(仏の生命)を確立できることを蓮華になぞらえています。
「南無妙法蓮華経」には、“宇宙と生命を貫く仏の生命を根本として生き、自身の生活・人生の上に仏の生命を発現させていく”という意味が含まれています。

御本尊

「本尊」とは「根本として尊敬するもの」を意味し、信仰の根本対象をいいます。創価学会では、日蓮大聖人が現した南無妙法蓮華経の文字曼荼羅を本尊としています。「曼荼羅」とは、サンスクリット語「マンダラ」の音写で、仏が覚った場(道場)、法を説く集いを表現したものです。
御本尊は、法華経に説かれる「虚空会の儀式」の姿を用いて現されています。虚空会の儀式とは、巨大な塔(宝塔)が大地から出現し、全宇宙から諸仏が集まって、虚空(空中)で釈尊の説法が行われる儀式をいいます。
曼荼羅の中央には「南無妙法蓮華経 日蓮」と大書され、その周囲に仏や菩薩、種々の境涯を示す衆生が並んでいます。このことは、すべての衆生が仏の智慧と慈悲の光に照らされて、生命本来のありのままの尊い姿になるとの意義を表しています。また、仏や菩薩をはじめ、あらゆる衆生が集い、末法の人々の平和と幸福を願うという法華経の世界観を表現しています。
この御本尊を信じることによって、仏の生命を我が身に開き、いかなる苦悩も乗り越えていくことができます。また、一人一人がありのままの姿で自分らしく輝いていくことができます。
法華経の虚空会の儀式には、末法という、争いと苦悩の社会にあって、万人の幸福を実現し、平和社会を築く誓いを立てた「地涌の菩薩」が登場します。
日蓮大聖人が現した御本尊に祈ることは、地涌の菩薩の使命を呼び覚ます意義も含まれています。したがって、地涌の菩薩の誓いに生きることが、日蓮仏法の実践の根幹となっています。

御書(創価学会の聖典)

創価学会では、日蓮大聖人の著作や書状を「御書」と尊称し、信仰のあり方や姿勢が説かれた根本の聖典として学んでいます。
日蓮大聖人は人々を教え導くため、生涯にわたって数多くの著作や書状を残しました。それらは今日、四百数十編が伝えられ、「立正安国論」「開目抄」「観心本尊抄」等の法門書や弟子・門下たちへの消息文(手紙)などがあります。
日蓮大聖人の在世当時、仏教の論書は漢文体が普通でした。しかし、日蓮大聖人は多くの場合、庶民に分かりやすい仮名交じり文に、時には読み仮名も添えて記しています。門下からの供養や手紙に対しても、すぐに返事の筆を執り、譬喩や故事を織り交ぜながら、法門の内容を示しました。
戸田先生の発願により、1952年に、『日蓮大聖人御書全集』を刊行。漢文体を書き下しにするなど、より広く現代に普及することを目指しました。
現在、御書は、外国語でも、英語、中国語、スペイン語、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語など10以上の言語で翻訳・出版しています。
御書などの外国語訳を閲覧できるサイト「創価学会 日蓮仏法ライブラリー」(http://www.nichirenlibrary.org/)では、英訳「御書」、「法華経」、「仏教辞典」などを閲覧することができます。2016年には、スペイン語、フランス語のサイトが加わりました。

世界各国語に翻訳された日蓮大聖人御書全集

世界各国語に翻訳された日蓮大聖人御書全集

「日蓮仏法ライブラリー」のウェブサイト

「日蓮仏法ライブラリー」のウェブサイト

人間革命の実践

「人間革命」とは、自分自身の生命や境涯をよりよく変革し、人間として成長・向上していくことをいいます。
戸田先生が理念として示し、池田先生が信仰の指標として展開しました。
人間革命とは、現在の自分自身とかけ離れた特別な存在になることでもなければ、画一的な人格を目指すことでもありません。万人の生命に等しく内在する、智慧と慈悲と勇気に満ちた仏の生命を最大に発揮することで、あらゆる困難や苦悩を乗り越えていく生き方です。
また、日蓮大聖人は、「冬は必ず春となる」「大悪を(起)これば大善きたる」などと、人生において直面するいかなる困難をも前向きにとらえ前進のバネとしていく変革の生き方を説いています。この哲学を根本に、会員は人間革命の実践に日々取り組んでいます。

自他共の幸福の実現へ

日蓮大聖人は、「立正安国論」の中で、「自分の幸福を願うならば、まず周囲の平和を祈るべきである」(趣意)と述べています。個人の幸せは、世界の平和と安定なくしてはありえないからです。
また、日蓮大聖人は、「人のために火をともせば・我がまへ(前)あきらかなるがごとし」とも述べ、他者のために行動することは、自身の成長をももたらすと説いています。
こうした思想のもとに会員は、積極的に他者に関わる生き方を通して、自他共の幸福の実現を目指しています。

世界平和——広宣流布と立正安国

<広宣流布>

「広宣流布」とは、仏法が説く生命尊厳の思想を根本に、人類の幸福と社会の繁栄、世界平和の実現を目指す運動のことです。

会員は、自らの信仰体験や仏法思想を友人や知人に語り、日蓮仏法を基調とした人間主義の運動への理解と共感を広げる対話に取り組んでいます。また、よき市民として、それぞれが属する地域や共同体への貢献を大切にしています。

創価学会は、平和・文化・教育の分野でも様々な活動を展開し、現代社会が抱える地球的な諸課題に取り組んでいます。

核兵器の脅威を伝える展示や人権教育などの活動を通し、平和の大切さや生命の尊厳、人権の尊重などを訴え、環境保護に関する展示などを通し、地球環境の保全への意識啓発も推進しています。こうした運動は世界各国に広がっています。

2013年11月には、創価学会の信仰の中心道場として、東京・新宿区信濃町に「広宣流布大誓堂(だいせいどう)」が完成。大礼拝室には、「広宣流布の御本尊」を安置し、全世界の会員が広宣流布の成就を誓い祈念する「広宣流布誓願勤行会」を開催しています。

<立正安国>

「立正安国」とは、「正を立て、国を安んず」と読みます。「立正」とは、一人一人が自身に内在する根本的な善性(仏の生命)に目覚め、「人間尊敬」「生命尊厳」の哲理を確立すること。「安国」とは、民衆が安心して暮らせる安穏で平和な国土の建設を目指すことです。

日蓮大聖人が1260年に鎌倉幕府に提出した「立正安国論」の直接的な執筆の動機は、1257年の「正嘉の大地震」やその前後に相次いだ自然災害・飢饉・疫病により、極限的な状況に置かれた人々の姿を目の当たりにしたことにあります。

日蓮大聖人は、民衆の苦悩を救う道を模索し、人間尊敬、生命尊厳の哲理を人々の心に確立することが、安穏な社会を建設する方途であることを「立正安国論」の中で示しました。

日蓮大聖人の眼差しはあくまで民衆一人一人の幸福に向けられていました。「立正安国論」の中で用いられた「国」の文字の大半に「口(くにがまえ)」に「民」と書く「●=口に民」をあてていることが、それを端的に表しています。

公式YouTubeチャンネル

SOKAチャンネル:ネットでVOD

学会歌スマホサイト

教学用語検索

創価学会のお葬式 友人葬

創価学会総本部

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト