創価学会について

入会について

入会するまで

創価学会に入会を希望される方は、以下の「3項目の実践」を通じて、日蓮大聖人の仏法、そして創価学会の活動に対して理解を深めていただくことが前提となります。

3項目の実践

1.勤行・唱題を実践している

創価学会員は、最高の教典である法華経方便品と寿量品・自我偈を読経(勤行)し、「南無妙法蓮華経」という題目を唱える(唱題)実践を毎日行っています。入会する前に勤行・唱題を実践し、日蓮大聖人の仏法への理解を深め、妙法の力を実感してください。

2.聖教新聞を3ヶ月以上購読している

創価学会の機関誌である聖教新聞は、毎日発刊されています。創価学会のニュースや池田先生の指導記事、困難を乗り越えた信仰体験、仏法の教義解説等が掲載されております。創価学会への理解を深めるためにも、日々の聖教新聞を読み、研さんしてください。

3. 定例の座談会に2回以上参加している

座談会は、原則毎月「地区」を中心とした地域組織で開催され、子供から大人までが集まる創価学会の最も基本となる行事です。自身の最近の実践を報告しあい、励まし合いながら参加者全員が次なる前進を決意しあうものです。

入会

入会を希望される方は、入会に向けての3項目を実践したうえで、所定の手続きを経て、入会することができます。
入会にあたっては入会の意志を「入会誓約書」などの文書で確認いたします。
同居家族がある場合は、入会に際しての了承が必要となります。また、入会希望者が未成年の場合は、親権者の承諾が必要となります。
以上の書類上の手続きを経て、紹介者の所属する地域組織に会員登録され、創価学会の会館施設で実施されている入会記念勤行会に参加し、正式な入会となります。

公式YouTubeチャンネル

SOKAチャンネル:ネットでVOD

学会歌スマホサイト

教学用語検索

創価学会のお葬式 友人葬

創価学会総本部

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト