トピックス

沖縄県書店商業組合から池田先生に「特別顕彰牌」

2018年12月03日

写真 沖縄国際平和会館での贈呈式の様子

贈呈式の様子 (沖縄国際平和会館で)

2018年11月30日、沖縄県書店商業組合から池田大作先生に「特別顕彰牌」が贈られた。
12・2「小説『人間革命』執筆開始の日」と、『新・人間革命』の完結を祝賀する意義を込めるとともに、長年にわたる文字・活字文化振興への多大な貢献をたたえたもの。
同組合は2010年4月、池田先生に「感謝状」を授与しており、それに次ぐ栄誉となった。

贈呈式は同日、那覇市の沖縄国際平和会館で行われた。
聖教新聞社沖縄支局の大城支局長、沖縄総県の桑江副総県長に続き、同組合の大城副理事長があいさつ。太平洋戦争で国内最大の地上戦が行われた沖縄の地で『人間革命』が起稿された歴史に言及し、沖縄から世界へ平和の潮流を起こそうと尽力したことは、県民にとって無上の誉れであると語った。

続いて、小橋川理事長から「特別顕彰牌」が授与。安田総県長が池田先生の謝辞を代読した。
その中で先生は、『人間革命』の冒頭の一節「戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものはない」に触れ、“「うるま島」の尊き先人たちの慟哭を凝結した叫びから書き起こした”と述べた。
また、『新・人間革命』の最終章「誓願」の章に、沖縄に脈打つ「命どぅ宝」(命こそ宝)という生命尊厳の精神、「いちゃりば兄弟」(一度出会えば、兄弟)という開かれた友情の気風を記したことを紹介。「沖縄の心」は“黄金の言葉”として大切に受け継がれてきた宝の文化遺産であると訴えた。
そして、設立以来、一貫して活字文化の興隆に寄与してきた同組合と手を携えて、人類の平和の希望である「沖縄の心」を未来永劫に伝え広げたいと望んだ。

SOKAチャンネル:ネットでVOD

公式YouTubeチャンネル

教学入門

創価学会総本部

SOKAnet公式ブログ Creatio

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

学会歌スマホサイト

平和・文化運動

自然との対話写真展

創価学会のお葬式 友人葬

画像 東北「心の福光プロジェクト」

画像 熊本地震への対応について

SOKAnet 公式Facebookページ

世界青年部総会オリジナルソング This is My Name

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト