トピックス

ブラジル作家連盟から池田先生に最高栄誉メダル

2019年03月26日

写真 サンパウロ市のブラジル池田文化会館での授与式の様子

授与式の様子
(サンパウロ市のブラジル池田文化会館で)

写真 記念のメダル

記念のメダル

2019年3月16日(現地時間)、ブラジル最古の作家団体「ブラジル作家連盟」から、池田大作先生に最高栄誉の「ジョルジェ・アマード・メダル」が贈られた。これは世界的な著作活動によって人間主義の思想を広めた偉業をたたえたもので、アジア人初の栄誉となる。


授与式は、サンパウロ市のブラジル池田文化会館で挙行。同連盟のドゥルヴァウ・デ・ノローニャ・ゴヨス・ジュニオル会長をはじめ、ブラジル日本文化福祉協会の呉屋新城会長、世界的音楽家のアマラウ・ビエイラ氏ら来賓、地元SGI(創価学会インタナショナル)メンバーら約450人が出席した。

1958年に創設の同連盟は、作家集会や討論会をはじめ、コンクール等を開き、毎年、優秀な作家には国内最高峰の文学賞を授賞。さらに「ノーベル文学賞」の選考委員会であるスウェーデン・アカデミーからは毎年、候補者を推薦する団体に認定され、表現の自由の擁護や活字文化の普及に努めてきた。

今回、授与された「ジョルジェ・アマード・メダル」は、民主化運動のリーダーの一人であったブラジルの文豪の名にちなんで創設されたもの。「人間主義」「寛容性」「民衆の声」など、文化や文明の価値を最大限に表現した文学を生み出す人物に与えられ、これまでに世界で5人しか贈られていない。

式典はブラジル国歌の斉唱で幕を開けた。続いて、ノローニャ会長が授与の辞を。「特筆すべき功績を残された池田博士にジョルジェ・アマード・メダルを授与します」と述べ、ブラジルSGIのチナ主席副理事長にメダルが代理授与された。

公式YouTubeチャンネル

SOKAチャンネル:ネットでVOD

学会歌スマホサイト

創価学会のお葬式 友人葬

創価学会総本部

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

画像 東北「心の福光プロジェクト」

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト