トピックス

広島で「原爆の日」追善法要行う

2019年08月07日

写真 広島池田平和会館での勤行法要の様子

勤行法要の様子(広島池田平和記念会館で)

写真 同会館での「被爆体験を聞く会」の様子

「被爆体験を聞く会」の様子(同会館で)

74回目の「原爆の日」を迎えた2019年8月6日午前、「原爆犠牲者・戦没者追善勤行法要」が、広島市東区の広島池田平和記念会館で厳粛に営まれた。
これには被爆者や遺族、青年部の代表らが参列。原爆、戦争、核実験等で亡くなった全世界の犠牲者の冥福を祈り、核兵器廃絶と恒久平和への誓いを込めて勤行・焼香した。
席上、中国方面学生部が本年実施した第24回「学生平和意識調査」の結果を発表した。
創価学会平和委員会の河合事務局長は、勇気の行動で希望のスクラムを拡大することこそ、平和運動の真髄と強調。核兵器なき世界の実現へ、努力を続けていきたいと述べた。
篠原中国長は、次代を担う青年と共に、核兵器廃絶へ向け、使命深き広島から、平和の連帯を広げようと呼び掛けた。

同日午後には同会館で、婦人部の広島女性平和委員会が主催する第16回「被爆体験を聞く会」が開かれ、松浦悦子さんが登壇。
席上、広島女性平和委員会の渡辺委員長、栗原総広島婦人部長らがあいさつした。

公式YouTubeチャンネル

SOKAチャンネル:ネットでVOD

学会歌スマホサイト

教学用語検索

創価学会のお葬式 友人葬

創価学会総本部

VOD番組ガイド

SOKAオンラインストア

墓地公園・納骨堂のご案内

聖教新聞社の公式サイト